FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスキュー

毎月1回月末に大藪グループの全社員が本社に集まり会議があります。

昨日は2月度の全社員会議がありまして。

筑後市消防署から隊員の方々に来ていただいて救急救助講習会も同時に行われました

建築現場や普段の生活でもいつどんな時に人命救助を行うことがあるか未知の世界。。。

そんな突然の時に遭遇した場合に対応出来るよう人命救助方法とAED(自動体外式除細動器)の使用方法について勉強。

1人1人、人体模型?のようなものを使って人工呼吸の練習。

心臓マッサージの方法や気道確保の方法を学びました。

AEDは実際に大藪組にも備え付けているので身近に見ることはあるのですが、実際に使用した経験はありません。

講習を受けて思ったのは、今は落ち着いて処置を行うことが出来ますが、現実にこういった場に遭遇したらパニックになって、どうしようもない状況に陥るかもしれません。  

でも隊員の方が言っていたことは、とにかく気道を確保して心臓マッサージだけは第一にすること。

もしくは119番通報をする!!

1分1秒が人命に関わる大事な時間。

実際に私も数年前に突然目の前で祖母が倒れ、パニックになり、119番通報をしてそれ以外何も出来ずただ祖母へ声をかけることしか出来ませんでした。 

意識も息も小さく。。。
この時に昨日講習で受けた処置を落ち着いて施すことが出来ていたら、もっと周りの家族の力になれたかもしれないと思います。
ただ見守るだけっていうのが一番ツライこと。

幸い、救急車の到着が早く、命を取り留めることが出来ましたが、もし。。。 と考えると今回のような救助体験を定期的に行う重要性をすごく感じました。

AEDが各場所に普及している中、レスキュー隊よりも何よりも身近にいる人達の力とスピードが重要です。

もしAEDが必要な場合は大藪組にも置いていますので、声をかけてください。

講習会の模様は後日写真でアップします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。